西麻布ペットクリニック

[お問い合わせ] [診療時間] 10:00~13:00 / 16:00~19:00
水曜日 / 10:00~13:00
休診:木・日曜日
03-5464-1028  

ホーム > デンタルケア

Dental care ─ デンタルケア

デンタルケアのご案内

  • 歯が黄ばんでいる、茶色い、歯石がついている
  • 口が臭い
  • よだれが多い
  • 歯がグラグラしている
  • 食欲がない、口を痛がる
  • 口から血が出ることがある

↓
こんな症状があれば歯周病の疑いがあります。

2歳以上の犬では80-90% に歯周病がみられると言われています。 犬や猫の歯は本来白色ですが、2-3 歳になると歯垢や歯石がたまり、根元が茶色くなります。 歯垢や歯石の中に住む細菌は歯ぐきに炎症を起こし口臭の原因になります。 飼い主さんが気づかないで放置してしまうと歯の根元まで炎症が広がり、歯がグラグラしたり、口が痛くてものが食べられなくなったり、物を噛んだ時に血が出たりします(歯周病)。 さらに歯周病が進むと、歯の根元に膿がたまることや、口の中の細菌が全身に広がり重大な病気を引き起こすことがあります。 歯垢や口臭には歯みがきが有効ですが、歯石除去や歯周病の治療には麻酔をかけてしっかりと処置をする必要があります。

歯磨き

イメージ当院が推奨するデンタルケア用品を取り揃えています。

多くのワンちゃんやネコちゃんは人間とは違い、毎日の歯みがきの習慣がありません。ドッグフードやキャットフード中心の食餌の場合、歯を磨かなくても虫歯になることは多くありません。しかし、口臭や歯石、歯周病などは起こりやすくなります。歯垢の除去、歯石や歯周病の予防には歯みがきが一番効果的です。歯ブラシを嫌がる場合はガーゼやタオルを使って歯みがきをしてあげてください。仔犬のころから歯みがきの習慣をつけて、歯石や歯垢をつかないようにしてあげましょう。当院では、デンタルケア用品を多数取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

スケーリング(歯石除去)

イメージスケーリング機器

歯垢は歯みがきで取り除けますが、がっちりとついた歯石は歯ブラシだけでは取り除けません。大きな歯石は割って、一部を取り除くことが可能な場合もありますが、一番重要なのは歯と歯ぐきの間( 歯周ポケット) の歯垢・歯石を取り除くことです。そのためには人間の歯医者さんで使っているような歯科器具を用い、全身麻酔をかけて処置を行う必要があります。全身麻酔をかけることで口の中を隅々までチェックし、抜けずに残っている乳歯を抜くことや、できものを切除することもできます。 スケーリングを行った後は定期的な歯磨きで歯石がつかないように管理してあげましょう。

スケーリング(歯石除去)の注意点

  1. スケーリング当日の午前中にお預かり、その日の夕方6 時から7 時にお返し(半日の入院が必要)
  2. 処置前日夜12 時以降の絶食が必要
  3. 麻酔をかけるための術前血液検査が必要